NPO法人カイロプラクティック・ボランティア協会/腰痛情報/アクティベータ

FrontPage

ご挨拶

画像の説明

NPO法人カイロプラクティック・ボランティア協会 理事の青柳大士です。

当法人は国内・海外の医療系資格保持者と民間療法の専門家が集まった団体です。



2011.3.11の東日本大震災後、被災地にてカイロプラクティックボランティア・ケア(アクティベータ法)を行っていた個人が集まり、ボランティア活動並びに健康情報提供をもっと有機的に、効率的に行う目的で、NPO法人として設立しました。

【主な事業】

(1)カイロプラクティックに関する普及啓発事業(その他の徒手療法含む)

(2)健康に関する普及啓発事業

【主な目的】
1.被災地等でのボランティア・ケアをよりよい形で行うこと

2.カイロプラクティック(徒手療法)の素晴らしさを多くの方に知って頂くこと

3.医療者の思い込みではなく、科学的根拠に基づいた正しい健康情報を提供し、施術者・患者双方の利益にしていくこと

4.会員全員の発展・夢を叶えるために協力していくこと

徒手療法と健康情報で誤った情報・治療によって痛みに苦しむ患者さんと施術者自身を元気にHAPPYにしたい!と願っています。


勉強会情報

☆今日からできる!!馬上式トリガーポイント療法
ベーシック編

講師:馬上忠昭先生(HANDS-ONカイロプラクティック いわき市)
後援:NPO法人カイロプラクティック・ボランティア協会

日時:平成25年4月5日 10:00~16:00
場所:市民活動支援センター(JR桜木町駅3分)
会費:1万円
内容:筋肉の治療法として有名なトリガーポイント療法を、福島の馬上先生が講演、実演して下さいます。
1.筋肉の操作をやっても効果がよくない
2.単なるほぐし屋からステップアップしたい
3.誰かにやってあげたい又はやらせるために学びたい
4.単に興味がある

など、一般の方から専門家までご参加頂ける内容になっています。
お気軽にお問い合わせください。

ボランティア活動

画像の説明
仙台の南、宮城県内で最も被害が大きかったと言われる亘理郡亘理町近隣で被災され、仮設住宅に住まわれている方を対象にボランティア・ケアを行っています。
2015.3現在、13回の活動を行っており、延べ1200名以上の被災者の方をケアしました。また、地元の災害ラジオに2回取り上げられ取材を受けました。
また、地域のNPO法人と提携したり、仮設住宅スタッフと情報交換をするなど、地域に根差した活動で非常に好評をいただいております。


セミナー活動

画像の説明
主に腰痛と痛みのメカニズムとロコモティブシンドロームに関する予防・啓発セミナーを一般の方・専門家に向けて行っています。
2014年からは国民病とも言われるロコモティブシンドローム(運動器障害)の普及・予防のためのセミナーに力を入れていきます。


65歳以上の方を対象にロコモ予防の体操教室なども計画しています。


日本国内でしたらどこでも講演します。
講演依頼はこちらまで。

入会希望の方

当法人では理念に賛同し、活動を補助して下さる会員様を随時募集しております。

以下の口座にお振込みの上、下のお問い合わせフォームよりお名前等をご入力ください。
3営業日以内に折り返しご連絡致します。
会員種別など、詳しくは会員紹介&募集を参照ください。

住信SBIネット銀行
法人第一支店106
口座番号:1119434
名義:トクテイヒエイリカツドウホウジンカイロプラクテイツクボランテイアキヨウカイ

お問い合わせ

a:12867 t:10 y:13

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional